最近思う就活の問題点


中立的な視点で相談をできるサービスがない

リクナビ、マイナビの2大勢力が台頭していた数年前

そして就活の制度が変わったことにより様々な就活サービスがではじめた昨今

これまで全てのサービスは企業サイドで作られているなと感じています。

というのも、リクナビマイナビ以外の最近台頭してきたサービスも

全て企業から仲介料・掲載料をもらうことでビジネスを成り立たせているからです。

内定先か就活続けるか・・・

例えばある学生がすでにいいなと思える企業から内定をもらい、そこに入社を決めているとします。

しかし、会社の年収の伸び方がわからずこのままこの会社に決めていいのかそれとももう一度就職活動をすればいいのか

しかし今の会社にもいいところがたくさんあり、それを天秤にかける必要がある。

この時にどこに相談すればいいのでしょうか?

自社の社員?就活支援会社?

社員に相談しても「残った方がいい」と言われるでしょうし

支援会社なら「受けるべきだ」と言われます。

支援会社は企業に人材を紹介し、そこ経由で内定を出した際にえられる紹介報酬で運営しています。

内定先社員はいうまでもなく内定辞退を出さないために説得をするでしょう。

というかそもそも相談ができないかもしれません。

というか例えば年収のことだったり、ベンチャーだったらやっぱり「なんだか不安だ」ということであれば「大丈夫だ」と言われて終わりな気がします。

この時にちゃんと自分の現状をしっかり聞いてくれた上で利害関係なく

中立的な視点から的確なアドバイスをしてくれるサービスっていうのが今ないと思います。

これは大学によると思いますが、私の通っていた大学のキャリアアドバイザーは当たり障りのないことしか言わず役に立ちませんでした。

本当に必要なのは

就活生にとって本当に必要なのは早く内定を出すための就活サービスではなく、自分の人生において

どのような企業に行くべきなのか or 行くべきでないのか、そもそも就活以外の選択肢もないか

など全ての選択肢を中立かつ的確に相談をできるようなところだと思います。

今のサービスは選考に進めるきっかけを提供しますが人生をどのように進めるかは結局自分で考えなくてはいけません。

でも、その考えに至るまでのヒントや筋道が必要だと思います。

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です